とき川の小物屋さん

自然の残る埼玉県ときがわ町で、おいしい水出しコーヒーをお出ししている小物屋さんです。

 

 

とき川の小物屋さん

~雨が降ったらお休みで 営業時間は日暮れまで~
【お問い合せはこちらまで:090-1537-2144】

 

 

《紙芝居》こころの旅路

f:id:komonoyasan:20180908104218j:plain

f:id:komonoyasan:20180908104939j:plain

f:id:komonoyasan:20201010071804j:plain

f:id:komonoyasan:20180908104039j:plain

f:id:komonoyasan:20170203145504j:plain

f:id:komonoyasan:20180908104304j:plain

f:id:komonoyasan:20201010072206j:plain

f:id:komonoyasan:20201010072239j:plain

f:id:komonoyasan:20201010072316j:plain

f:id:komonoyasan:20201010072344j:plain

f:id:komonoyasan:20201010072402j:plain

f:id:komonoyasan:20200724182953j:plain

f:id:komonoyasan:20201010072433j:plain

f:id:komonoyasan:20201010072449j:plain

f:id:komonoyasan:20180908104834j:plain

f:id:komonoyasan:20201010072623j:plain

f:id:komonoyasan:20180908104832j:plain

f:id:komonoyasan:20180908104331j:plain

都幾川渓谷鉄道

  ピリリリリリ・・・
    シュッパーッ   進行ォー!

 動き出した。

 都幾川をさかのぼる憧れの鉄道に いささか興奮ぎみだ。
 JR八高線の明覚という駅を出て すぐにポイントを右に切れ、まばらな集落のなかを、ゆっくりと山に向かう。

 車内は行楽客とおぼしきグループと地元の年寄りが数人、なにやら声高に話しているが、今のわたしには さほど気にならない。窓から吹き込む風が あまりにも気持ち良いせいだろう。

 山裾が急に近く見えたかと思うと、ほどなく最初の停車場「三波渓谷駅」に到着した。

 乗客はわたしを含めて ほとんどがここで降り、小さな釣り橋を渡って対岸の温泉に行くようだ。

 それにしても なんともレトロな、というより懐かしい木造駅舎だろうか。「ポッポ屋」という映画に出てきた駅舎そのままの風情があり、駅弁も高倉健のような駅員が売っているのだろうか。

 この先、「蛍」という駅からは勾配がきつくなるため、アプト式のレールを使い天文台まで行き、そこで台車を切り離し、飛行船で吊って空へ向かうという。

 夢の中の鉄道。

 

f:id:komonoyasan:20190421135837j:plain
 

f:id:komonoyasan:20201010073427j:plain
 

f:id:komonoyasan:20201010073452j:plain