とき川の小物屋さん

自然の残る埼玉県ときがわ町で、おいしい水出しコーヒーをお出ししている小物屋さんです。

 

 

とき川の小物屋さん

~雨が降ったらお休みで 営業時間は日暮れまで~
【お問い合せはこちらまで:090-1537-2144】

 

 

小物屋さんの里山日記

f:id:komonoyasan:20201206150602j:plain

 

朝、店に着くと
最初の仕事は「たきび」

丸太を一個、わきに枯葉をたっぷり
その上に、よく乾いた小枝を十数本
木工所でもらった廃材を少々
太めの枝をサラダを盛るようにならべて
準備完了!

 

f:id:komonoyasan:20201206161526j:plain

 

ライターで枯葉に火をつける
チロチロと燃えはじめたかと思うと
一気にひろがり、炎が小枝を包む

 

木の葉の燃える香りは実にいい
珈琲とは違う香ばしさがあり、
煙に包まれてもけむくない
かえってここち良いくらいで眠気もさめる

 

f:id:komonoyasan:20200204124816j:plain

 

今朝はかなり冷えたのだろう
たき木の山がうっすらと凍って
日の光をうけてイルミネーションのようだ
小ぶりの丸太を一本加え、炎にあおられた部分の霜が
一瞬にとけて木肌が見えた

 

「桜か!」

 

f:id:komonoyasan:20201207093738p:plain

 

花が終わった5月に枝打ちしたときの物
今年の桜は一週間もたなかった
春から木々や草の様子がおかしかった
毎年、5月に咲く菊が6月に
梅雨もあったような、なかったような
梅の実もろくにつかなかった

 

f:id:komonoyasan:20201206161855j:plain

 

厚手のズボンを通して焚火の温かさが伝わって来る
うす煙の向こうの山の上に
ちぎれたような雲が ひとつ

 

f:id:komonoyasan:20201206161926j:plain

 

風が吹かなければよいが…

 

山 居 人

 


 

f:id:komonoyasan:20181222082800j:plain